Google日本語入力

Google日本語入力 1.1.770.0

新語や名前、横文字に強い! Google提供の無料日本語IME

完全な説明を見ます

賛成票

  • Google検索によって収集されたWebサイト情報を基に変換候補が表示される
  • インターネット上で流通している用語や人物名、新語の変換に強い
  • MS-IMEやATOKのユーザー辞書を取り込むことが出来る
  • Googleに情報を提供しないようにする「シークレットモード」が用意されている

反対票

  • 誤変換されたり、不適切な表現が変換候補として表示されることがある

秀逸
9

Google日本語入力はGoogleが提供する無料日本語入力システム(IME)です。Googleの検索ロボットが収集したデータを基に変換辞書を生成しています。このためWebサイト上で使われる新語や著名人の氏名などの変換、豊富な語彙に基づく変換候補に優れています。また、最新のバージョンでは変換処理が高速化され、前回のバージョンと比較して30%程度速くなったとされています。既存のIMEで新語やカナ語の変換がうまくいかずにイライラすることがある人は試してみると良いでしょう。

基本的な扱いはMS-IMEやATOKなどと変わりません。インストールすると、画面右下にアイコンやツールバーが現れます。Google日本語入力がオンになっている状態で、文字入力を行います。入力しているその場で変換候補を次々と表示してくれるサジェスト(予測変換)機能により、効率的な文字入力が行えるでしょう。また、「今」と入力して現在の時刻に変換したり、カタカナ英語をアルファベットの英語表記に変換するなど、高度な変換機能も備えています。

変換辞書にはWebから蓄積したデータのほか、基本的な語彙を網羅したオープンソースの辞書が併用されており、高精度な日本語入力処理を実現しています。自分で語句を登録できる「ユーザー辞書」は独自フォーマットのほか、MS-IME辞書の形式もサポートしています。ATOKの辞書を取り込む場合は、取り込み作業の前にテキストファイルへエクスポートする必要があります。いずれの辞書もPC内に保存されているため、インターネットに接続していなくても変換結果が影響を受けることはありません。

気になるプライバシーですが、同社のプライバシーポリシーではユーザーの了承なく入力履歴などは取得しない旨が明記されています。それでも自分のプライバシーを保ちたい場合はオプションから「シークレットモード」を有効にしておきましょう。

Googleだからこそ作ることができたと言えるGoogle日本語入力は、現状ではまだまだ誤変換もありますし、Webで流通している不適切な表現が現れることも多々あります。ただ、ユーザーが正しい知識で変換結果を選別すれば、既存のIMEよりもかなり「使える」印象です。

変更

  • [v1.1.770.0]
  • リアルタイム変換機能を追加
  • 「再変換」と「確定取り消し」機能に対応
  • 変換処理を高速化。前回の正式版バージョン 1.0.556.x と比較して 30% 程度速くなっています。
  • 変換精度が向上
  • 「もしかして」機能において誤字がサジェストされる現象を軽減
  • サジェスト候補と、変換した際の候補が異なる現象を軽減
  • その他機能の向上と辞書の更新など
  • ・Windows 版の変更点
  • Windows 7 のジャンプリスト機能に対応
  • 多段計算機能が追加
  • その他動作改善
Google日本語入力

ダウンロード

Google日本語入力 1.1.770.0

ユーザーレビュー

  • qwqaqazxzx

    qwqaqazxzxによる

    "神ソフト : )"

    MEの機能とインターフェイスを引き継ぎながら、 新たに新機能がつかわれていてよい。 特にユーザー辞書のテーブルはわかり易かった。 . もっと.

    についてのレビュー 2012年6月13日